スキーW杯複合、渡部暁斗が2位 今季自己最高、個人第12戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 W杯複合個人第12戦で2位に入った渡部暁斗=ショヌーブ(共同)

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は19日、フランスのショヌーブで3日間、3試合の総合成績で争う「トリプル」第2戦を兼ねた個人第12戦が行われ、渡部暁斗(北野建設)が今季自己最高に並ぶ2位に入った。今季4度目、通算65度目の表彰台。

 前半飛躍(ヒルサイズ=HS118メートル)は112メートルを飛んで132・6点の3位。首位と53秒差でスタートした後半距離(10キロ)で、激しい2位争いを制した。(共同)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事