楽天、タワー型観戦スタンド登場 球団創設15年目で球場改修
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「イーグルスタワー」の完成イメージ図

 楽天は22日、球団創設15年目の2019年のシーズンに向け、本拠地の楽天生命パーク宮城の改修計画を発表した。内野一塁側の後方に4階建てのタワー型観戦スタンド「イーグルスタワー」を新設し、団体客の取り込みを狙う。

 イーグルスタワーは5月に完成予定。高さ25メートルで103人が収容できる。1~3階はワンフロア貸し切りで販売、4階はスタンド席で一部は個別で購入もできる。

 一塁側のファウルゾーンにせり出した「フィールドシート」に、楽天勝利時にフィールドに入って選手とハイタッチができる「ヴィクトリーシート」を設置。内野グラウンドのファウルエリアの天然芝化も行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事