女子テニス、日本が2部残留 フェド杯WG2部入れ替え戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本―オランダ シングルスでビビアネ・スフーフスを下し、日本の2部残留を決めた土居美咲=ITC靱TC

 女子テニスの国別対抗戦フェド杯ワールドグループ(WG)2部入れ替え戦、日本―オランダ最終日は21日、大阪市のITC靱TCで行われ、日本が通算4勝で2部残留を決めた。

 シングルスで、土居美咲(ミキハウス)がビビアネ・スフーフスを6―3、6―2で下して、3連勝で残留を確定。第4試合のシングルスは行われずに、ダブルスは青山修子(近藤乳業)穂積絵莉(日本住宅ローン)組が6―3、3―6、10―6で勝った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事