ボクシング、船井が練習公開 5月にIBF王座挑戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 世界戦に向けた公開練習でスパーリングを行う船井龍一=東京都品川区

 国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフライ級タイトルマッチ(5月4日・米カリフォルニア州ストックトン)で王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)に挑む同級1位の船井龍一(ワタナベ)が23日、東京都内の所属ジムで練習を公開し「世界チャンピオンとアメリカで試合をする、二つの夢が同時にかなうのでモチベーションが高い」と語った。

 サウスポーの王者を想定した軽めのスパーリングでは、右でカウンターを狙い、接近してアッパーとボディーを回転よく繰り出した。33歳での世界初挑戦に「王者はセンスがあって好戦的で何でもできる。恐れず前に出て闘う」と決意を口にした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事