卓球、女子複伊藤・早田組ら4強 混合複は銀メダル以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女子ダブルスで準決勝進出を決め、笑顔で引き揚げる伊藤(右)、早田組=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第5日は25日、ブダペストで行われ、女子ダブルスで前回2017年大会3位の伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組と、佐藤瞳、橋本帆乃香組(ミキハウス)が4強入りして表彰台を決めた。3位決定戦がなく、銅メダル以上が確定した。

 両ペアは27日の準決勝で対戦するため、日本人同士のペアでは1971年大会以来の決勝進出が決まり、日本ペアの1大会複数メダルも48年ぶり。

 混合ダブルスでメダル獲得が決まっていた前回優勝の吉村真晴(名古屋ダイハツ)石川佳純(全農)組は準決勝でドイツのペアに4―1で勝ち、3大会連続の決勝進出。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事