錦織圭、3年ぶり決勝ならず バルセロナOPテニス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 シングルス準決勝でポイントを奪われ、しゃがみ込む錦織圭=バルセロナ(共同)
 シングルス準決勝でポイントを奪われ、しゃがみ込む錦織圭=バルセロナ(共同) シングルス準決勝 ダニル・メドベージェフと対戦する錦織圭=バルセロナ(共同)

 【バルセロナ共同】男子テニスのバルセロナ・オープンは27日、バルセロナで行われ、シングルス準決勝で2度優勝を誇る第4シードの錦織圭(日清食品)は第7シードのダニル・メドベージェフ(ロシア)に4―6、6―3、5―7で敗れ、準優勝した2016年大会以来3年ぶりの決勝進出はならなかった。

 世界ランキング7位の錦織は対戦成績で2勝1敗とリードしていたが、最終セットの第1ゲームで相手のサービスゲームを破った勢いで押し切れず、第12ゲームでブレークを許して力尽きた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事