設楽悠太が日本人最高5位 ぎふ清流ハーフマラソン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本人男子トップの5位でゴールする設楽悠太=岐阜長良川競技場
 日本人男子トップの5位でゴールする設楽悠太=岐阜長良川競技場 1時間0分34秒で優勝した男子のアモス・クルガト=岐阜長良川競技場

 陸上のぎふ清流ハーフマラソンは28日、岐阜長良川競技場発着で行われ、男子で日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)が1時間1分36秒で日本人最高の5位に入った。アモス・クルガト(中電工)が1時間0分34秒で優勝した。川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)は22位。

 女子は上原美幸(第一生命グループ)が1時間11分3秒で日本人最上位の6位となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事