JOC入るビルで竣工式 新たな日本スポーツ総本山
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア」で行われた竣工式=16日午前、東京都新宿区
 「ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア」で行われた竣工式=16日午前、東京都新宿区 竣工した「ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア」とお披露目された五輪マーク=16日午前、東京都新宿区

 日本オリンピック委員会(JOC)や日本スポーツ協会、多数の競技団体が事務局を置く東京都新宿区の新ビル「ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア」の竣工式が16日、開かれた。これまで拠点だった岸記念体育会館(東京都渋谷区)が老朽化し、機能を移転。2020年東京五輪を翌年に控え、新たな「日本スポーツの総本山」がスタートを切った。

 式典にはJOCの竹田恒和会長や日本スポ協の伊藤雅俊会長らが出席。大日本体育協会(当時)第2代会長で、会館名の由来ともなった岸清一氏の胸像の除幕後、テープカットを実施した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事