J1神戸、新監督にフィンク氏 今季2度目の交代
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 J1神戸は8日、吉田孝行監督(42)が退任し、新監督にドイツ出身のトルステン・フィンク氏(51)が就任すると発表した。神戸の監督交代は今季2度目。

 フィンク氏は現役時代に守備的MFとしてバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)などでプレー。バーゼル(スイス)やハンブルガーSV(ドイツ)などで指揮を執り、2018~19年シーズンはグラスホッパー(スイス)の監督を務めた。

 神戸は4月17日にスペイン出身のリージョ監督が辞任。吉田監督が後を引き継いだが、就任後にJ1で5連敗を喫するなど、チームの立て直しは思うように進まなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事