巨3―4オ(19日) オリックスが競り勝つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 4回オリックス2死一塁、小田が左翼線に適時二塁打を放つ。投手高田、捕手炭谷=東京ドーム

 オリックスが競り勝った。3―3に追い付かれた直後の八回に小田の犠飛で勝ち越した。2番手の比嘉が3年ぶりの白星を挙げ、ディクソンが来日7年目で初セーブ。巨人は終盤に追い上げたが、クックが打たれて連勝が3で止まった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事