NPB、リプレー検証見直しも 中日に回答
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中日の加藤宏幸球団代表は20日、19日の西武戦で打球が2度、バットに当たったように見えたプレーがリクエスト対象外で審判団によるリプレー検証されなかったことについて日本野球機構(NPB)から「問題になった当該プレーを含めてシーズン終了後に重要な課題として12球団の意見もふまえた上で検討します」と説明されたと明らかにした。

 20日に中日が出した意見書への回答で、中日側はこれを了承した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事