400mリレーで日本が2位 陸上DL、200m小池は4位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 男子400メートルリレー 日本歴代3位の37秒78で2位に入った日本チーム。左から多田、小池、桐生、白石=ロンドン(共同)

 【ロンドン共同】陸上のダイヤモンドリーグ第10戦最終日は21日、ロンドンで行われ、男子400メートルリレーで多田修平、小池祐貴(ともに住友電工)桐生祥秀(日本生命)白石黄良々(セレスポ)の日本は、日本歴代3位の37秒78で2位に入った。英国が今季世界最高の37秒60で優勝した。

 200メートルで小池は来年の東京五輪参加標準記録に到達する20秒24で4位だった。謝震業(中国)が19秒88のアジア新記録で優勝した。追い風0・9メートルだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事