ラグビー代表、堀江・姫野ら先発 フィジー戦、W杯の前哨戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 フィジー戦を前に記者会見する堀江=25日、岩手県大槌町

 日本ラグビー協会は25日、日本代表がワールドカップ(W杯)の前哨戦として臨むパシフィック・ネーションズカップ(PNC)の初戦となる27日のフィジー戦(岩手・釜石鵜住居復興スタジアム)の登録メンバー23人を発表し、先発にフッカー堀江、フランカー姫野、SO田村らが名を連ねた。

 脚の付け根を痛めて春シーズンの実戦出場はなかったフランカーのリーチ主将は控えに回った。ゲームキャプテンは初キャップを獲得するフランカーの南アフリカ出身のラブスカフニが務める。

 世界ランキングは日本が11位でフィジーは9位で、過去の対戦成績は日本の3勝14敗。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事