釜石でラグビーW杯優勝杯を展示 ファンゾーン開設、長い列
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ラグビーW杯の優勝杯「ウェブ・エリス・カップ」を写真に納める男性=27日午前、岩手県釜石市

 岩手県釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムで行われるラグビー日本代表のフィジー戦を前に、大型ビジョンで試合を観戦できる「ファンゾーン」が27日、市民ホールに開設され、ワールドカップ(W杯)の優勝杯「ウェブ・エリス・カップ」が展示された。フィジー戦はW杯の前哨戦となるパシフィック・ネーションズカップ初戦で、同日午後キックオフ。

 優勝杯の前には日本代表のジャージー姿のファンらが長い列を作り、順番に記念撮影。無料で顔にペイントを施すコーナーも設けられ、頬に日の丸を描くなどしていた。

 会場では、子どもがラグビーのプレーを体験できるイベントなども実施する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事