五輪追加抽選にアクセス49万件 チケット、集中による混雑なし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は8日、五輪チケットの追加抽選販売について、同日午前2時の受け付け開始から午後4時までの専用サイトへの累計アクセス数が約49万件だったと明らかにした。アクセス集中による混雑はなく、安定的に稼働しているという。

 サイトに設けた「ウェイティングルーム(待合室)」が稼働したのは午前7時ごろの1回だけだった。待ち時間は1分程度で、待機者も2300人程度だったという。

 追加抽選は1次で申し込んだチケットが全て外れた約416万人が参加でき、1次で売れ残った68万枚余りが対象。19日午前11時59分に締め切る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事