GPジャンプ、小林陵が圧勝 男子白馬大会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 個人第5戦 小林陵侑の1回目の飛躍=白馬ジャンプ競技場

 ノルディックスキーの夏の国際大会、グランプリ(GP)ジャンプ男子白馬大会第1日は23日、長野県白馬村で個人第5戦(ヒルサイズ=HS131メートル)が行われ、昨季のワールドカップ(W杯)個人総合を制した小林陵侑(土屋ホーム)が294・9点で圧勝した。GP今季初出場の王者は129メートル、132・5メートルの大飛躍をそろえ、通算3勝目を挙げた。

 佐藤幸椰、佐藤慧一(ともに雪印メグミルク)が2、3位に入り、日本勢が表彰台を独占。伊東大貴(雪印メグミルク)は5位となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事