スキーGP複合、渡部暁は2位 山本が3位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ノルディックスキーのグランプリ(GP)複合は28日、ドイツのクリンゲンタールで距離を先に実施するマススタート方式の個人第2戦が行われ、渡部暁斗(北野建設)が2位、山本涼太(早大)が3位に入った。渡部暁は前半距離(10キロ)で8位につけ、後半飛躍(ヒルサイズ=HS140メートル)で順位を上げた。

 ほかの日本勢は永井秀昭(岐阜日野自動車)は9位、伝田英郁(早大)は32位だった。フランツヨゼフ・レーアル(オーストリア)が優勝した。(共同)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事