ラグビー、ジョージアが代表発表 W杯日本大会、ナミビアも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジョージア・ラグビー協会は2日、ワールドカップ(W杯)日本大会に出場する代表31選手を発表し、前回大会の主将で国際大会から引退していた35歳のゴルゴゼがロックとして復帰した。スーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズのフッカー、ブレグバゼも選出された。1次リーグD組でウェールズ、ウルグアイ、フィジー、オーストラリアと対戦する。

 ナミビアも代表を発表し、4度目の出場となるSHヤンチースら31選手が選ばれた。1次リーグB組でイタリア、南アフリカ、ニュージーランド、カナダと戦う。(共同)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事