大学野球、国学院大が勝ち点 東都第1週
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東都大学野球リーグ第1週第3日は12日、神宮球場で3回戦と2回戦の各1試合が行われ、国学院大が駒大を2―0で下し、2勝1敗で勝ち点1を獲得した。立正大は東洋大を4―3で破り、1勝1敗とした。

 国学院大は四回に2点を先取し、6回を3安打に抑えた横山から諸見里につないで零封した。立正大は三回に先制し、五回に平田の2点二塁打で加点。糸川が好救援し、反撃をかわした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事