トンガ代表、高知で名所巡り ラグビーW杯キャンプ地
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 カツオのわら焼き作りを体験するラグビーW杯トンガ代表の選手=12日、高知市

 20日開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会を控え、高知県で事前キャンプ中のトンガ代表は12日、高知市内の観光名所10カ所のうち何カ所を2時間以内で回れるかを競うゲームを楽しんだ。

 参加した選手28人は4組に分かれ、市民に道を尋ねながら高知城やはりまや橋などを訪れ、スマートフォンで動画や写真を撮影した。

 地元名物のカツオのわら焼き作りを体験した他、高知よさこい情報交流館では、法被を着て木製の打楽器「鳴子」を手に踊るよさこいにも挑戦した。サレシ・フィフィタ選手は「初めて踊ったけど、とても楽しかった」と満面の笑みで話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事