新体操、皆川は1種目終了で9位 世界選手権開幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 個人予選 皆川夏穂のフープ=バクー(共同)

 【バクー共同】新体操の東京五輪予選を兼ねた世界選手権は16日、バクーで開幕して個人の予選が始まり、2016年リオデジャネイロ五輪代表の皆川夏穂(イオン)がフープで大きなミスなくまとめて20・950点をマークし、計4種目で争われる個人総合で1種目を終えて9位につけた。17歳の大岩千未来(イオン)はフープで20・100点の15位。

 個人総合の予選は上位24人が20日の決勝に進出。決勝で皆川と大岩がともに16位以内に入れば日本は東京五輪出場2枠を獲得し、日本体操協会の選考基準で最上位が五輪代表に決まる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事