3力士、鏡山部屋の一時預かりに 井筒親方の急逝受け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本相撲協会は17日、東京・両国国技館で緊急理事会を開き、井筒親方(元関脇逆鉾)の急逝を受け、井筒部屋の力士3人と床山1人は鏡山部屋の一時預かりとなることを承認した。

 鏡山親方(元関脇多賀竜)は井筒部屋が所属する時津風一門の協会理事。大相撲秋場所期間中は井筒部屋の名称が残り、力士紹介の際も井筒部屋所属としてアナウンスされる。新たな処遇は場所後に協議する。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、井筒親方が務めていた副理事の補充は行わない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事