北京、冬季五輪マスコットを発表 パンダと灯籠をイメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 発表された2022年北京冬季五輪のマスコット「氷(ビン)ドゥンドゥン」(左)とパラリンピックのマスコット「雪容融(シュエロンロン)」=17日、北京(共同)

 【北京共同】2022年北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会は17日、パンダと灯籠をイメージした大会マスコットを発表した。中国の習近平指導部はマスコットを通じて北京五輪を盛り上げ、景気浮揚や国威発揚にもつなげたい考えだ。

 五輪マスコットのパンダの名は「氷(ビン)ドゥンドゥン」。愛らしくて活発な選手の精神と、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムに代表される科学技術を表現。パラリンピックのマスコットの灯籠は「雪容融(シュエロンロン)」。世界の文化と融合する寛容さを表したという。

 北京では08年に夏季五輪も開かれ、夏と冬の五輪を開く最初の都市となる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事