W杯、日本戦前半は持ち味出せず 南ア、地元メディア「緊張した」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ラグビーW杯準々決勝での南アフリカ代表の勝利を伝える地元紙=21日、ヨハネスブルク(共同)

 【ヨハネスブルク共同】ラグビー・ワールドカップ(W杯)準々決勝で日本を破った強豪南アフリカの複数の地元メディアは21日までに、日本戦前半では南ア本来の持ち味を出せず「気が抜けない緊張した試合だった」などと論評し、日本を「素晴らしい対戦相手だった」とたたえた。

 「前半が終わった段階では、南アが勝てるとは確信できなかった」。スポーツ専門テレビ・スーパースポーツの記者は、序盤は日本にスピード感があったと解説。日本代表を「勇敢」とし、日本が南アに敗北した9月のテストマッチから「進化した」と評価した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事