30年W杯開催地は24年決定 FIFA、アジア除外せず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【上海共同】国際サッカー連盟(FIFA)は24日に上海で開いた理事会で、2030年ワールドカップ(W杯)の開催地を24年の総会で選定すると決めた。招致プロセスは22年7月以降にスタートする。

 次回の22年W杯は西アジアのカタールで開催。FIFA規約では原則として直近2大会の開催国が属する大陸連盟からは立候補できないが、インファンティノ会長は「招致希望が多いほど喜ばしい」としてアジアの立候補を除外しなかった。

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長は30年大会招致について「(日本が)手を挙げるかどうかは、情報収集をして決定する必要がある」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事