ロシア「金」選手ら失格 ソチ五輪再検査でIOC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は22日、ロシアの国ぐるみのドーピング問題を受けて2014年ソチ冬季五輪で採取した同国選手の検体を再検査した結果、スケルトン男子で金メダルのアレクサンドル・トレチャコフら同競技の4選手を失格処分とし、五輪から永久追放すると発表した。

 女子銅メダルのエレーナ・ニキチナや同5位のオリガ・ポティリツィナ、同6位のマリア・オルロワも違反が見つかった。「ロシアン・ロケット」の愛称を持つトレチャコフは10年バンクーバー五輪で銅メダルを獲得した。

 IOCは平昌冬季五輪へのロシア選手団の参加可否を12月5日に判断する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事