卓球W杯、日本女子が準決勝進出 団体戦第3日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女子準々決勝 ルーマニア戦の1試合目でプレーする石川(左)、平野組=東京体育館
 女子準々決勝 ルーマニア戦の1試合目でプレーする石川(左)、平野組=東京体育館 女子準々決勝 ルーマニア戦の2試合目でプレーする伊藤美誠=東京体育館
 女子準々決勝 ルーマニア戦の1試合目でプレーする石川(左)、平野組=東京体育館 女子準々決勝 ルーマニア戦の2試合目でプレーする伊藤美誠=東京体育館 女子準々決勝でルーマニアを破り、ガッツポーズする石川佳純=東京体育館

 東京五輪のテスト大会を兼ねた卓球のワールドカップ(W杯)団体戦第3日は8日、東京体育館で行われ、女子の準々決勝で1次リーグB組1位の日本はC組2位のルーマニアを3―0で下して9日の準決勝に進んだ。3位決定戦がないため、銅メダル以上が確定した。

 第1試合のダブルスは、平野美宇(日本生命)石川佳純(全農)組が1ゲーム目を落としながらも逆転して3―1で勝利。シングルスの2試合目以降は伊藤美誠(スターツ)がストレート勝ちし、石川はフルゲームの接戦を制した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事