射撃の平田しおりが五輪代表に ライフル3姿勢で3位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女子ライフル3姿勢で東京五輪代表に決まり、笑顔の平田しおり=ドーハ(共同)

 【ドーハ共同】射撃のアジア選手権は9日、ドーハで行われ、東京五輪代表の最終選考会を兼ねた女子ライフル3姿勢で、平田しおり(明大)が3位に入り、初の五輪代表に決まった。国・地域別の出場枠を獲得しての代表だが、開催国枠は返上されるため日本の出場枠数は1で変わらない。

 平田は予選を7位で通過して日本勢でただ一人、8人による決勝に進出した。砥石真衣(日立システムズ)は11位、清水綾乃(自衛隊)は18位に終わった。

 ライフル3姿勢には9月に実施した1次選考会の上位者が出場し、男女ともアジア選手権の成績最上位者が東京五輪の代表となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事