栃ノ心、肋軟骨骨折で休場 大関復帰絶望的、若隆景も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 栃ノ心、若隆景

 大相撲九州場所5日目の14日、西関脇の栃ノ心(32)=本名レバニ・ゴルガゼ、ジョージア出身、春日野部屋=と、新入幕の東前頭16枚目、若隆景(24)=本名大波渥、福島県出身、荒汐部屋=が休場した。

 大関から転落して1場所目の栃ノ心は日本相撲協会に「右肋軟骨骨折で3週間の安静加療を要する」との診断書を提出。師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)は「1週間やそこらで治る感じではない」と述べ、10勝を挙げての2度目の大関復帰は絶望的になった。

 栃ノ心は2勝目を挙げた4日目の宝富士戦で右腹部付近を痛めた。休場は7月の名古屋場所以来で10度目。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事