レスリング渡利璃穏が引退表明 公式サイトで、リオ五輪代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 渡利璃穏

 現役引退の意向だったレスリング女子の2016年リオデジャネイロ五輪75キロ級代表、渡利璃穏(28)=アイシンAW=が引退を正式表明した。悪性リンパ腫(血液のがん)から復帰した渡利は所属先の公式サイトに「年内いっぱいで長く続いた競技人生を終える決断をしました」と16日までに談話を出した。

 理由については「けがが多くなり、頑張りたい気持ちと体にズレが生まれていました」と説明した。リオ五輪後に悪性リンパ腫が判明した渡利は昨年カムバックし、全日本選抜選手権の女子68キロ級を制覇。応援に感謝し「レスリング人生に悔いはありません」とつづった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事