フィギュア鍵山、河辺が初優勝 全日本ジュニア選手権
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 男子で優勝し、笑顔の鍵山優真=コーセー新横浜スケートセンター

 フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権最終日は17日、横浜市のコーセー新横浜スケートセンターで行われ、男子は16歳の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)が合計251・01点、女子は15歳の河辺愛菜(関大KFSC)が合計193・57点でともに初優勝し、世界ジュニア選手権(来年3月・タリン)代表に決まった。

 鍵山はフリーで2度の4回転トーループを決め、ショートプログラム(SP)に続いて1位となった。鍵山とともにジュニア・グランプリ(GP)ファイナル(12月5~7日・トリノ)に出場する佐藤駿(埼玉栄高)が合計213・20点で2位に入った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事