五輪パラ、閉幕後合同パレードへ リオに続き東京大会でも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2016年10月、大勢の人が詰めかけたリオ五輪・パラリンピックのメダリスト合同パレード=東京都中央区

 日本オリンピック委員会(JOC)と日本パラリンピック委員会(JPC)が来年の東京五輪・パラリンピック後にメダリストを集めた合同パレードを実施する見通しとなったことが18日、複数の関係者への取材で分かった。初めて実現した前回リオデジャネイロ大会後に続いて2度目となる。

 大会組織委員会は招致決定から、五輪とパラリンピックの一体感醸成に力を入れており、合同パレードはその総仕上げとなりそうだ。関係者によると、時期はパラリンピックが閉幕した後の9月末から10月初旬を想定。警備問題などから早めの準備に着手し、場所は前回と同じ東京の銀座を軸に検討を進めるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事