NHK杯、男子SPは羽生が首位 GP2連勝へ好発進
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 男子SPの演技を終え、あいさつする羽生結弦=真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
 男子SPの演技を終え、あいさつする羽生結弦=真駒内セキスイハイムアイスアリーナ 男子SP 演技する羽生結弦=真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯は22日、札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開幕し、男子ショートプログラム(SP)は今季GP2連勝を目指す羽生結弦(ANA)がサルコー、トーループの2種類の4回転ジャンプを決め、109・34点でトップに立った。島田高志郎(木下グループ)が75・98点で6位、山本草太(中京大)が74・88点で7位、樋渡知樹(米国)が64・54点で11位。

 ペアSPは三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)が62・41点で6位。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事