W杯ジャンプ、団体で日本は6位 第1戦、オーストリアが優勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ビスワ(ポーランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は23日、ポーランドのビスワで開幕して団体第1戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が行われ、佐藤幸椰(雪印メグミルク)中村直幹(東海大札幌ク)小林潤志郎(雪印メグミルク)小林陵侑(土屋ホーム)で臨んだ日本は947点で6位だった。

 オーストリアが優勝し、ノルウェーが2位、ポーランドが3位で続いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事