スキー、フォイツが通算12勝目 アルペンW杯男子滑降
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は7日、米コロラド州ビーバークリークで男子滑降第2戦が行われ、ベアト・フォイツ(スイス)が1分12秒98で今季初勝利、通算12勝目を挙げた。

 ヨアン・クラレイ(フランス)とビンツェント・クリヒマイヤー(オーストリア)が1分13秒39の同タイムで2位。日本勢は出場していない。(共同)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事