マラソン、吉田が日本人最高6位 さいたま国際、陸連設定に届かず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本人最高の6位でゴールする吉田香織。東京五輪代表の設定記録には届かなかった=さいたまスーパーアリーナ
 日本人最高の6位でゴールする吉田香織。東京五輪代表の設定記録には届かなかった=さいたまスーパーアリーナ 2時間23分50秒で優勝したペレス・ジェプチルチル=さいたまスーパーアリーナ

 東京五輪女子代表選考の対象となるさいたま国際マラソンは8日、さいたまスーパーアリーナ発着で行われ、吉田香織(TEAM R×L)が2時間35分15秒で日本人最高の6位だった。代表入りの条件となる日本陸連の設定記録、2時間22分22秒には届かなかった。

 ハーフマラソン元世界記録保持者の26歳、ペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間23分50秒で快勝した。

 今大会は五輪代表の残り1枠を争う3レースの女子初戦。設定記録を突破した最速選手が代表となり、該当者がいない場合は9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)3位の小原怜(天満屋)に決まる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事