柔道代表、マスターズ大会に出発 新井千鶴「出し切りたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京五輪代表選考会の一つである柔道のマスターズ大会(12~14日・青島=中国)に出場する男子81キロ級以下、女子70キロ級以下の日本代表が9日、成田空港から出発し、女子70キロ級の新井千鶴(三井住友海上)は「年内最後の大会なので出し切りたい」と意気込んだ。

 昨年まで2年連続世界一の新井は今夏の世界選手権で3回戦敗退。11月のグランドスラム大阪大会は3位に終わり「心と体を整えることに重点を置いた。どういう気持ちで一戦一戦を闘えるか」と巻き返しを期した。

 マスターズ大会は原則として世界ランキング36位以内の選手が出場する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事