卓球GF、石川敗退も五輪確実に 平野も負け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 女子シングルス1回戦でポイントを奪われ悔しがる石川佳純=鄭州(共同)
 女子シングルス1回戦でポイントを奪われ悔しがる石川佳純=鄭州(共同) 女子シングルス1回戦 プレーする平野美宇=鄭州(共同)

 【鄭州(中国)共同】卓球のワールドツアー上位選手で争うグランドファイナルは12日、中国の鄭州で開幕し、シングルスの女子1回戦は東京五輪日本代表の残り1枠を争う石川佳純と平野美宇がそれぞれ敗退した。日本協会はシングルス代表について、来年1月の世界ランキングで男女とも日本勢上位2選手を選ぶとしており、世界ランキングのポイントでリードする石川が代表入りを確実にした。

 石川は世界女王の劉詩ブン(中国)に0―4で、平野は王芸迪(中国)に1―4で敗れた。佐藤瞳は丁寧(中国)を4―2で破った。

 混合ダブルス1回戦は、水谷隼・伊藤美誠組が4強入りした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事