山下泰裕氏、IOC委員に就任 柔道界で嘉納治五郎氏以来
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 JOC会長の山下泰裕氏
 JOC会長の山下泰裕氏 スイスのローザンヌで開かれたIOC総会であいさつするバッハ会長=10日(ロイター=共同)

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は10日、スイスのローザンヌで総会を開き、柔道の1984年ロサンゼルス五輪男子無差別級金メダリストで日本オリンピック委員会(JOC)会長の山下泰裕氏(62)を新委員に選んだ。任期は8年で、日本から通算15人目の委員誕生となった。

 柔道界からは、日本人初のIOC委員で大日本体育協会(現日本スポーツ協会)を創設した嘉納治五郎氏以来約1世紀ぶり。現職では国際体操連盟の渡辺守成会長と合わせて2人となり、東京五輪開催国としてIOCとのパイプ強化を推進する。IOC委員は五輪開催地などを決める投票権を持つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事