初場所、1敗は貴景と正代ら3人 かど番豪栄道は5敗目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 貴景勝(左)が寄り切りで隠岐の海を下す=両国国技館

 大相撲初場所8日目(19日・両国国技館)大関貴景勝は隠岐の海を寄り切って7勝目を挙げ、正代と徳勝龍の平幕2人とともに1敗で首位に並んだ。かど番の大関豪栄道は小結阿炎にはたき込まれて5敗目を喫した。

 関脇朝乃山は正代にすくい投げで敗れて3敗目。関脇高安は北勝富士に押し出されて5敗目となり、1場所での大関復帰へ後がなくなった。

 2敗で追うのは遠藤、豊山、輝、照強の平幕4人。十両は元大関照ノ富士が8戦全勝で単独トップを維持した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事