バスケ、馬瓜エが2季連続MVP 女子Wリーグのオールスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 MVPを獲得したGREENの馬瓜エ(右)=アリーナ立川立飛

 バスケットボール女子Wリーグのオールスター戦は19日、東京・アリーナ立川立飛で行われ、日本代表の吉田(JX―ENEOS)がプレーする「GREEN」が渡嘉敷(JX―ENEOS)を擁する「BLUE」を101―90で下した。最優秀選手にはチーム最多の21得点で勝利に貢献したGREENの馬瓜エ(トヨタ自動車)が2季連続で選ばれた。

 ハーフタイムには東京五輪で新種目として実施される3人制のミニゲームも行われ、日本代表候補の馬瓜ス(トヨタ自動車)らがプレーした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事