かど番大関豪栄道、関脇転落決定 連続負け越し、1大関に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 豪栄道

 大相撲の西大関豪栄道(33)=本名沢井豪太郎、大阪府出身、境川部屋=が初場所12日目の23日、関脇朝乃山に寄り切られて8敗目を喫し、2場所連続負け越しで来場所の関脇転落が決定した。休場明けの今場所は9度目のかど番だった。

 豪栄道は先場所で痛めた左足首に故障を抱え不振だった。来場所で10勝を挙げれば1場所で大関に復帰できる。2014年秋場所の昇進から大関在位33場所は史上10位。

 大関陥落は貴景勝、栃ノ心、高安に次いで4場所連続となり、昭和以降のワースト記録を更新。来場所の大関は貴景勝だけとなることが確実で、1大関は1982年初場所以来となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事