五輪期間中33カ所が駐車予約制 会場周辺の渋滞抑制
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京五輪・パラリンピック期間中、東京や埼玉、千葉、神奈川1都3県の競技会場と選手村計33カ所の周辺は、コインパーキングなどの時間貸し駐車場が予約制となる。大会組織委員会と国土交通省などが28日、決定した。駐車場を探し回る車をなくすことで、渋滞を抑制するためだが、ふだん対象駐車場を使っている人は注意が必要だ。

 物流業者やマイカーを利用せざるをえない地元住民らの利用を想定しており、観客には「公共交通機関で来てほしい」と呼び掛ける。

 東京の国立競技場や有明アリーナ、横浜スタジアム、さいたまスーパーアリーナ、千葉市の幕張メッセなど33カ所が対象。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事