海老蔵さん五輪文化プログラムへ 歌舞伎とオペラ融合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京五輪・パラリンピックの大会マスコットと記念撮影する市川海老蔵さん=29日午前、東京都内

 東京五輪・パラリンピックの公式文化プログラムとして、4月にオペラと歌舞伎を融合させた公演「光の王」に出演する歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが29日、東京都内で記者会見し「大会テーマの一つである多様性を根幹に、さまざまな芸能の調和をお見せできたら」と、公演に向けた思いを語った。

 海老蔵さんは「歌舞伎とオペラは近いものと感じている。公演を通じてオリンピック、パラリンピックへの機運を高めたい」と話した。

 「光の王」のテーマは「大会に向けた祝祭感」。オペラ歌手アンナ・ピロッツィさん、アーウィン・シュロットさんも出演し、4月18日に東京体育館で上演される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事