ラグビー、代表強化の継続性訴え ジョセフHCが会見
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京都内で記者会見するラグビー日本代表のジョセフ・ヘッドコーチ=29日午前

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表を8強に導き、2023年末まで契約を更新したジョセフ・ヘッドコーチ(HC)が29日、東京都内で記者会見し「自分にはこの仕事を続ける責任がある。日本ラグビーの強化、発展を23年W杯まで続けていくことが必要」と決意を語った。

 W杯で目標を達成したことに関し「選手のハードワークの結果。(ファンの)サポートがなければこういった結果になっていなかった」と語った。

 今後はスーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズが20年シーズンを最後にSRを除外されることもあり、国内合宿を軸に強化する見通し。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事