ヤクルト奥川「順調な1カ月」 新人合同練習を打ち上げ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 新人合同練習を打ち上げ、取材に応じるヤクルト・奥川=埼玉県戸田市

 ヤクルトのドラフト1位ルーキー奥川恭伸投手(石川・星稜高)が29日、埼玉県戸田市の球団施設での新人合同練習を打ち上げた。右肘の軽い炎症により投げる練習を控えており「投げたい思いは少しあるが、焦らないことが大切。順調な最初の1カ月だった」と前向きに語った。

 ゴムチューブを使ったトレーニングや軽い素振りなどを行った。宮崎県西都市での2軍キャンプに向け「今は体幹やバランスのトレーニングに取り組んでいる。早くユニホームが着たい」と気持ちを高ぶらせた。

 橿渕聡スカウトグループデスクは奥川に「もう(肘に)違和感はなく、チェック項目をかなりクリアしている」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事