元騎手の郷原洋行氏が死去 豪快な追い「剛腕」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 第47回日本ダービーを制したオペックホースと郷原洋行騎手=1980(昭和55)年5月25日、東京競馬場

 郷原 洋行氏(ごうはら・ひろゆき=日本中央競馬会元騎手、元調教師)1月31日、病気のため死去、76歳。鹿児島県出身。葬儀・告別式は近親者で執り行われた。

 62年に騎手デビュー。67年にリユウズキで皐月賞、77年にプレストウコウで菊花賞、80年にオペックホースで日本ダービーを勝ち、牡馬クラシック3冠を達成。89年にはウィナーズサークルでダービー2勝目を挙げた。豪快な追い方から「剛腕」の異名を取った。中央通算1515勝(うちG1級10勝)、調教師では104勝。14年に競馬の殿堂入りした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事