米バスケ八村、日本人初の舞台へ きょうNBA若手球宴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 レーカーズのジェームズ(右)をマークするウィザーズの八村=2019年11月、ロサンゼルス(共同)
 レーカーズのジェームズ(右)をマークするウィザーズの八村=2019年11月、ロサンゼルス(共同) 米国選抜の若手と対戦する「ライジング・スターズ」を前に、取材に応じる世界選抜の八村=シカゴ(共同)

 【シカゴ共同】米プロバスケットボールNBAは14日(日本時間15日)、オールスター戦期間中にプロ2年目までの若手が米国選抜と世界選抜に分かれて対戦する「ライジング・スターズ」を行い、ウィザーズのルーキー八村塁が世界選抜の一員として出場する。日本選手では初。八村は「日本人として誇りに思う。楽しむのが大事」と笑顔で話した。

 世界選抜にはスロベニア出身で万能選手のドンチッチ(マーベリックス)、カナダ出身のクラーク(グリズリーズ)が名を連ねる。米国選抜にはドラフトで全体1位指名のウィリアムソン(ペリカンズ)、同2位のモラント(グリズリーズ)が選ばれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事