W杯ジャンプ個人、小林陵は2位 クラフトが優勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 1回目の飛躍を終えた小林陵侑=バートミッテルンドルフ(共同)

 【バートミッテルンドルフ(オーストリア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は16日、オーストリアのバートミッテルンドルフでフライングヒルによる個人第21戦(ヒルサイズ=HS235メートル)が行われ、小林陵侑は242・5メートルの231・9点で2位だった。強風の影響で2回目の途中で中止となり、1回目だけの成績で争った。

 シュテファン・クラフト(オーストリア)が230メートルの232・6点で今季3勝目、通算19勝目を挙げた。小林潤志郎は19位、竹内択は30位、中村直幹は35位。佐藤幸椰はスーツの規定違反で失格となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事