園田、鶴田は3位決定戦で敗れる レスリングのアジア選手権
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 男子グレコローマン87キロ級3位決定戦 カザフスタン選手に敗れた鶴田峻大=ニューデリー(共同)
 男子グレコローマン87キロ級3位決定戦 カザフスタン選手に敗れた鶴田峻大=ニューデリー(共同) 男子グレコローマン130キロ級3位決定戦 カザフスタン選手に敗れ、引き揚げる園田新=ニューデリー(共同)

 【ニューデリー共同】レスリングのアジア選手権は18日、ニューデリーで開幕して男子グレコローマンスタイルの5階級が行われ、東京五輪アジア予選に出場する130キロ級の園田新(ALSOK)は1回戦でイラク選手にテクニカルフォール勝ちしたが、準決勝でイラン選手に敗れ、3位決定戦でカザフスタン選手にテクニカルフォール負けした。

 87キロ級の鶴田峻大(自衛隊)は初戦で優勝したインド選手に屈し、敗者復活で回った3位決定戦でもカザフスタン選手に敗れた。

 77キロ級の桜庭功大(自衛隊)は2回戦、63キロ級の山田義起(日体大)と55キロ級の片桐大夢(拓大)は初戦で敗退した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事